レギュラーシーズン第17戦 vs 日立ハイテク

第22回Wリーグ レギュラーシーズン第17戦
2月20日(土) 14:30~ トッケイセキュリティ平塚総合体育館
  • BOX SCORE
ENEOS  
81 18
14
20
17
12
STARTING MEMBER
#11 岡本
#29 中村
#32 宮崎
#33 中田
#52 宮澤
  日立ハイテク
16
16
22
15
6
75
STARTING MEMBER
#2 白鞘
#5 曽我部
#11 谷村
#18 佐藤奈
#28 北村

個人得点

#5
藤本
#7
#11
岡本
#25
石原
#29
中村
#32
宮崎
#33
中田
#52
宮澤
#59
4 8 16 6 14 11 4 15 3
2015年12月12日ぶりの延長戦をものにし東地区1位でセミファイナル進出が決定!
Wリーグ第11節は、勝点-3で富士通と並んで2位につける日立ハイテクとの上位対決。
互いにプレーオフ(PO)進出は決まっており、残るレギュラーシーズンはPO進出順位を確定させるためにも重要な戦い。日立ハイテクの得点源である日本代表候補のセンター谷村をいかに守るかが勝利への鍵となる。
ENEOS対日立ハイテク、第3戦TIP-OFF!
  1. 1st Quarter スタメンは#11岡本・#29中村・#32宮崎・#33中田・#52宮澤でゲームスタート。
    立ち上がり宮澤の3PTSを含む連続得点で7:00、7-2と先行するものの直後、日立ハイテク#28北村にアンドワン(バスケットボールカウント)を許すとOFFリバウンドから#2白鞘に3PTSを決められ7-7。
    中盤、ENEOSはターンオーバーで流れを掴めず得点が伸びない間に日立ハイテク北村の3PTSで9-14と5点ビハインドを負うが、ENEOSガード陣が気を吐き岡本のドライブイン・宮崎のアンドワンとなる速攻でリードを奪い返すことに成功。
    互いに譲らずリードが3度入れ替わった1Qは18-16、ENEOSが2点リードで終了。
  2. 2nd Quarter ファウルトラブルの中村はベンチからの2Qスタート。
    宮崎・岡本・#7林・宮澤・中田の布陣でガード陣のスピードに期待がかかるところだが、接戦での気持ちの焦りかENEOSは序盤からターンオーバーを連発し流れを掴めずDEFで耐える時間が流れる。
    OFFのリズムを取り戻したい状況で林のレイアップやコートに戻った中村の得点が連続で決まり8:00、22-18。しかしこの直後、中村が痛恨の3ファウルで再びベンチへ。
    インサイドが手薄になったENEOSに対し、日立ハイテクは徹底的にセンター#11谷村にボールを集めインサイドで得点を重ね2:00には26-31とリードを許す。
    これ以上離されることは許されない中でベンチスタートの#25石原・#5藤本が値千金の活躍で連続得点をあげ追い上げに成功し32-32、同点で前半終了。
  3. 3rd Quarter 宮崎・岡本・林・宮澤・中村の布陣で3Qスタート。インサイド谷村にボールを集める日立ハイテクに対し、マークマンだけでなく周りのヘルプDEFが鍵となる。
    立ち上がり、日立ハイテク#18佐藤奈に先制を許すがすぐさま中村の1on1で決め返すと中村のアシストから岡本の3PTSも決まり9:00、37-34。その後は両チーム点の取り合いとなり一進一退の攻防が続く中、ファウルで与えたフリースローで日立ハイテクのセンター陣に得点を許し2:30には47-51と4点のビハインドを負う。
    #59星の3PTSで食らいつくも、直後に中村が4つ目のファウルでベンチに下がり苦しい状況は続くが、終了間際キャプテン岡本が意地を見せドライブインをねじ込み、52-54の2点ビハインドで最終Qへ。
  4. 4th Quarter 点の取り合いとなった3Qから続き、4Qも取っては取られる緊迫したゲーム展開に。
    開始早々、冷静な活躍をみせる石原がドライブインを決め先制すると宮澤の3PTSも決まり逆転に成功。中盤、互いに守り合い無得点の時間が流れる中、センター谷村を中心に攻める日立ハイテクに対しENEOSは疲れ知らずの岡本が果敢にリングに攻め込み得点。1・2点差でリードが行き来する状況の中、日立ハイテク佐藤奈に3PTSを許し61-65と4点ビハインドとなりENEOSがタイムタウト(TO)を請求。
    TO後の大切なOFFで宮澤が3本目となる3PTSを決めると、コートに戻った中村もドライブインを決め2:30、66-65と逆転に成功。
    しかし、ここから両チームの意地と意地がぶつかり合いどちらも勝利を譲らず、69-69の同点で勝負は今季初の延長戦へ。
  5. Over Time 延長戦5分間、個人ファウルとチームファウルは4Q時点の数が持ち越しとなり、タイムアウトは両チーム1回ずつ与えられる。
    ENEOSは中村が4ファウルと後がないが、日立ハイテク谷村も4ファウルで状況は同じ。根比べのOTは宮崎・岡本・林・宮澤・中村の布陣でスタート。
    開始早々、日立ハイテク北村にドライブインで先制を許すが、直後のOFFで宮澤が渾身のOFFリバウンドで繋いだチャンスを林がジャンプショットで応じ同点。スピードスター宮崎の速攻も続き2点リードを奪う。その後日立ハイテク佐藤奈に得点を許すが倍返しとばかりに中村・林の連続得点で2:00、77-73とペースはENEOSに。
    4Qまでに26得点を許した日立ハイテク谷村を全員で徹底マークしOTでの得点を0に抑え相手のOFFのリズムを崩すことに成功。
    攻守がかみ合った5分間。最終スコア81-75で勝利し東地区1位を勝ち取った。

ページの先頭に戻る