レギュラーシーズン第16戦 vs 新潟

第22回Wリーグ レギュラーシーズン第16戦
2月14日(日) 12:00~ ウイング・ハット春日部
  • BOX SCORE
ENEOS  
82 24
15
21
22
STARTING MEMBER
#11 岡本
#29 中村
#32 宮崎
#33 中田
#52 宮澤
  新潟
15
13
15
17
60
STARTING MEMBER
#1 宮坂
#5 中山
#14 津田
#17 千葉
#23 ロー

個人得点

#2
奥山
#5
藤本
#7
#11
岡本
#25
石原
#29
中村
#32
宮崎
#33
中田
#52
宮澤
#59
3 5 14 12 11 8 3 7 10 9
石原が今季ハイの11得点! ベンチメンバーの活躍も光り新潟シリーズ全勝
Wリーグ第10節、新潟アルビレックスBBラビッツとの今季最終戦。
前日の第3戦ではアップテンポなバスケットボールを展開できず75得点にとどまった。
今日は1試合通してスピードバスケに持ち込みたい。ENEOS対新潟、第4戦TIP-OFF!
  1. 1st Quarter #11岡本・#29中村・#32宮崎・#33中田・#52宮澤でゲームスタート。
    立ち上がり、中村の1on1や岡本の得点で6-0と先手をとる。しかしその後ENEOSはパスミスが目立ち相手に反撃のチャンスを与えてしまい、新潟#23ローや#10西垂水に得点を許し5:00、8-5で折り返す。
    点が欲しいENEOSはシューター陣が意地を見せ、宮澤の連続3PTSを皮切りに岡本・#7林の3PTSも続き24-15、9点リードで1Q終了。
  2. 2nd Quarter 1Q終盤にコートインした#59星がPGを務め2Qスタート。
    開始早々、中村が先制を決めリードを二桁に乗せると星が鋭いドライブインでファウルを誘いフリースローをきっちり決め加点。好調林の3PTSも決まり7:00には31-17。
    流れを掴めたと思われたが、中盤新潟ローにインサイドを支配され連続得点を許すとOFFのリズムも狂いだし、思うように点が伸びない時間が過ぎる。
    終盤、#25石原のフリースローや3PTSで得点を繋ぎ二桁リードは死守し39-28、11点リードで前半終了。
  3. 3rd Quarter スターティングメンバーに戻し3Qスタート。
    立ち上がり、互いに守り合い無得点の時間が流れる中、新潟#14津田の先制3PTSで点が動きだすと序盤は新潟ペースのゲーム展開となり5:00、48-41と7点差まで詰め寄られる。
    流れを変えたいENEOSは#5藤本の3PTSで再び2桁リードに乗せると林の2本の3PTS、終了間際にはブザービーターとなる岡本の3PTSも決まり60-43、確率良く3PTSを沈め一気に17点リードを奪い最終Qへ。
  4. 4th Quarter 良い締めくくりをしたい最終Q。林のジャンプショットで先制すると、星の3PTSも続き65-43と良い立ち上がりをみせる。
    試合を通し新潟ローを徹底マークしDEFでチームに貢献する中田がOFFでも気を吐きゴール下やフリースローを決めリードを保つ。
    その後も、#2奥山・星の2年目コンビが積極的にゴールアタックし得点を挙げると、石原の3点プレーとなるバスケットカウント(アンドワン)や技あり1on1からの得点で新潟の反撃をかわす。
    終盤、ファウルで得たフリースローで加点し80点台に乗せ、最終スコア82-60で勝利しWリーグ12勝目を挙げた。

第11節は2月20・21日、トッケイセキュリティ平塚総合体育館にて日立ハイテク クーガーズと対戦する。

ページの先頭に戻る