2022年8月1日
ENEOS株式会社
広報部企業スポーツ室

ENEOSバスケットボールクリニック 感染予防対策

  1. 講師およびスタッフの徹底事項

    1. 講師およびスタッフは、PCR検査を実施(1回/週)
    2. 講師およびスタッフは、移動中およびクリニック中にマスクを着用
    3. 講師およびスタッフは、クリニック中、全員マスクを着用し、こまめに手指等を消毒
    4. 講師およびスタッフは、持参した備品の使用前後に消毒を行う
    5. 講師およびスタッフは、飲み物ボトル、タオルを共同で使用しない
    6. 講師およびスタッフは、手洗い、うがいを徹底
    7. 講師は、コート内における子供たちの位置取りに配慮しメニューを作成
    8. スタッフは、注意喚起のポスター(JBA発信)等を、会場の必要箇所に設置
  2. 当日の感染予防対策について

    1. クリニック中(2時間/回)は30分毎もしくは常時扉を開放
    2. 飲み物は各自準備し、回し飲みをしない。タオルを共同で使用しない
    3. 会場で出た(出した)ごみの廃棄処理方法は事前に相互確認し、対応を徹底
    4. 控室、更衣室使用後の消毒を実施
    5. 参加者のマスク着用、受講生と講師の距離については、感染対策責任者と相談のうえ決定
    6. サイン会、ハイタッチは行わない
  3. 開催可否判断

    1. 開催14日前に実施可否を事務局で判断

      <開催可判断の目安>

      1. 当該都県の自治体による独自の規制措置等の指示が無いこと
      2. 対象チームの活動が通常どおり行われていること
    2. 感染急拡大による開催間際のステージ悪化、緊急事態宣言再発令等の場合は中止または延期
    3. 主催者(事務局・講師)に感染者が発生した場合は、発症から10日間が開催不可

以上

トップページに戻る

TOP